酸化を防ぐ機能は重要

トコトリエノールの作用の中では酸化を防ぐ機能がもっとも有名だと思いますが、この他にも肌をきれいに保つ効果や、血清コレステロールの産出を抑えたりするというようなことが知られています。

ポリフェノール最大の長所は水溶性のL-アスコルビン酸や脂溶性のV.E.などとは異なっており、細胞の間の水溶性部分に脂溶性部分、更に細胞膜でも酸化を遅れさせる作用があるそうです。

クシャミや鼻水、鼻づまりに目のかゆみ・ゴロゴロするような感覚などの花粉症の代表的な諸症状は、アレルギーの原因物質となる花粉の飛んでいる量に追従しているかのように深刻化する性質があるようです。

多機能な肝臓に中世脂質や食物由来コレステロールが付着した脂肪肝(しぼうかん)という病気は、肝硬変のみならずいろいろな病気を誘引する可能性が高いといわれています。

胸痛を主訴とする狭心症の外科治療としては現在「大動脈バルーンパンピング法(IABP)」もしくはグラフトを用いる「冠動脈大動脈バイパス移植手術」の二者の手術の方法が高い頻度で利用されています。

期外収縮は、特に病気ではなくても出現することがあるため珍しい心臓疾患ではないと考えられていますが、短い期間で発作が立て続けにみられるケースは危険です。

ジェネリックという医薬品は新薬の特許が切れてしまった後に市場に出回って、新薬とまったく同一の成分で負荷を低くできる(薬の代金の高価ではない)後発医薬品のことをいいます。

人間の体を維持するのに必要なエネルギー源として速攻で使われる糖質、細胞の新陳代謝に必要となるタンパク質など、行き過ぎたダイエットではこれらに代表される体調を整えるために外すことができない栄養成分までも欠乏させている。

肝臓を元気な状態にキープするためには、肝臓の毒素を分解する力が低くならないようにすること、要は、肝臓を老けさせない対処法をコツコツと実践することが有効です。

ものを食べるという行為は、食物をなんとなく口へ運んで何度か咀嚼して後は飲み込むだけだが、そのあと身体はまことによく活動し続けて食物を人体に取り込むよう努力しているのだ。

脂漏性皮膚炎というのは皮脂の分泌異常が誘因で出る湿疹で、分泌がおかしくなる主因としてステロイドホルモンの一種である生殖ホルモンの均衡の崩れ、V.B.複合体の慢性的な欠乏等が考えられます。

常在細菌の一種であるブドウ球菌(staphylococcus…staphylo-はラテン語で「ブドウの房」の意)は紫に染色されるグラム陽性球菌であり、毒力がきつい黄色ブドウ球菌(staphylococcus aureus…aureusは「黄金色」の意)と毒が薄弱なコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(CNS)の2種になっています。

学校のような大規模な集団行動で、花粉症の為に友達と同時に外でエネルギッシュに運動ができないのは、子どもにとっても辛い事でしょう。

ハーバード医科大学の研究によれば、通常のコーヒーと比較して毎日2~3杯はデカフェコーヒーで代用すると、驚くことに直腸癌の発症リスクを0.52減らせたということが明らかになっている。

消化器科の領域である急性腸炎(acute enteritis)は、大半が腹痛・悪心・嘔吐・下痢の症状が出る程度ですが、細菌性の場合は相当ひどい腹痛・長引く吐き気・繰り返す嘔吐・下痢と同時に38℃以上の高熱が出るのが通例です。